プラスチックガイド

プラスチックについて、どれほどの知識がありますか?

プラスチックの進歩は、いまだとどまることを知らず、次々と開発されています。プラスチックには、軽くて水を通さないなどの便利な性質がたくさんあります。私たちの生活にすっかり溶け込み、日用品をはじめあらゆるものに姿を変え、あたりまえのように使われているプラスチックですが、もとは原材料費が大変高価なもので、開発者が努力に努力を重ねて低コスト化を進め、現在に至っています。たとえば、ポリエチレンのバケツです。。当時はポリエチレンのバケツはブリキのバケツに比べて大変高価なもので、それでも開発者達はあきらめずに開発をし続け、錆びない接触音がしないというポリバケツがユーザーの評価を得たという経緯もあります。

プラスチックは、いろいろな材料から、いろいろな加工法によって生み出されています。この材料について、あるいは加工法について、私たちはどれだけ知っているでしょうか?プラスチックは単体の材料で作られることはなく、他の材料と融合されて次々と商品化されていきます。プラスチック製品がどのように作られ、使われているのかをも調べてみました。もっとも軽量化が望まれる飛行機や、船、自動車などプラスチックはあらゆるところで利用されています。

知らないで使うよりも、知って使っていたほうが間違いは起こりませんし、知っていて損はないと思います。健康面や衛生面で気をつけること、注意することなども取りあげてみました。少しでもみなさまの参考になればと思います。